世界で最も過酷な400m🔥-RedBull400-🔥自分の限界に挑め‼︎

Pocket

今回は5月18日に開催されました

RedBull400 SAPPORO OKURAYAMA

にスタッフ加藤が参戦させて頂きました💪

まずは動画でこの盛り上がりと

ツラさを体感してください‼️‼️

いかがでしたか?笑

ということでレッドブル400レポート💁‍♂️

今年で3回目のこの大会。

年々注目度も高まり、今年の参加人数は

約1200人‼️

とんでもない盛り上がりをみせております。

札幌 大倉山ジャンプ競技場を下から上まで400mを誰が一番速く駆け上がれるか競います。

最大斜度は37度…

ただでさえ乳酸地獄の400mなのに、急坂を登らされるという

なんともエクストリームな変態競技ですね。笑

種目は

個人で400mを走りきる

フルディスタンス

男子約450人

女子約142人

4人1組100mずつ走る

4×100mリレー

フルディスタンスは第1ヒート〜第6ヒート

年齢別で分けられ、各予選1位と全体の80位までが決勝に進めます。

リレーは自衛隊、学生、オープン、男子と分けられます。

スタッフ加藤はもちろんフルディスタンス。

初挑戦なので辛さがまったく想像できません。

前の組をみてイメージトレーニングをするも思うのは、

うわぁ…辛そう。

というイメージばかり。笑笑

ただ追い込むのは嫌いじゃないので

ニヤニヤしてしまいます。

スタート前には独特の緊張感。

最初は緩やかな下り。

スキージャンプで飛んできた選手がスピードダウンするための傾斜ですね。

ここがすぎたらほとんど、下を向くような状態になり、四つん這いで走る全身運動。

乳酸がみるみるたまっていき、心拍数も斜度とともに急上昇。

上を見上げると先が見えない急坂。

自分との戦いです!!

もうすこしでのこり100m地点。

もう足がパンパンです。

足というより全身でしたね…

のこり100mが1番辛かった!

真ん中を走りたくなりますが、左右のゴムの部分がグリップして走りやすかったです!

ゴールはバタバタと倒れこむ状態。

これはツライ!!

けどしばらくして感じるのは

気持ちいい達成感!!!

ゴール後は札幌の絶景とレッドブル。

予選は77人中6位!

決勝にも無事駒を進めました🏃‍♂️

下りはリフトで札幌を一望👀

決勝は予選で辛さをしっているので

ペース配分をしっかりと👍

全体の27位でゴールできました!!

優勝はレッドブルアスリートの

上田瑠偉選手

1人だけ異次元の走りでした‼️‼️

ゴールしてしばらくすると、

また走りたいとクセになってしまうこの大会

来年参加してみてはいかがでしょう⁉️

僕は今回レイドライトのトレランシューズを

使用しましたが相性もバッチリ👍

こちらも試す価値ありです‼️‼️

以上、RedBull400レポートでした!!

スタッフ加藤