2021年6月14日

パドルクラブ名古屋店 STAFF BLOG

Official BLOG of PADDLE CLUB NAGOYA

POWDER MACHINEが楽しい!

1 min read

164025662949010471243_5251023793623472857_o

天候が持続的に安定傾向にあり、バックカントリーツアーに入るのも楽しいタイミングになっています☆

16402751_962949083804569_7896614541220401689_o

今月前半とは打って変わって、栂池ツアールートはバフバフなパウダー状態!!!

16178725_962949007137910_2235171542017339662_o

おいしいノートラックパウダーを狙って・・・、となるとやはり欲しいのはPOWDER MACHINEですね☆

センター幅110ミリオーバーのパウダー板嬉しい悲鳴を上げてくれそうなコンディションですよ!!!

16179229_962949013804576_2373374491422319712_o

軽量なパウダースキー、まだまだ名古屋店にも在庫ありますので、来週末に備えて!!!

2月の寒波の時にはすぐに出動出来るように準備していきましょーーー♪♪♪

 

 

 

☆★☆★☆★営業時間のご案内☆★☆★☆★

平日・土曜:10時30分~20時00分

日曜・祝日: 10時30分~19時00分

定休日:水曜定休

1月4日(水)は営業致します。

☆★☆★SALES & EVENTS★☆★☆

 

nagotya20171

 

 

②平成29年2月11日(土・祝)~12日(日)

bcseminar

毎年好評いただいているバックカントリー講習会を今季も開催致します♪

今年の開催は2月11日(土・祝)~12日(日)の1泊2日の日程にて白馬で開催予定です!!!

チャレンジしてみたい方、レベルアップしたい方、パドルスタッフと共に楽しんでみませんか?

興味をお持ちの方、名古屋店店内にてエントリーを開始していますので、まずはお問合せ・ご相談ください☆

スキー、ブーツ、ビーコン、プローブ、ショベルにつきましてはレンタルもあります!(有料・要予約)

♪お申し込み状況(1月28日時点)♪

募集定員15名様、お申込者数12名様、残り3名様にて受付終了予定

 

②平成29年3月4日(土)・5日(日)

frie_2

 

日本最大のバックカントリーの祭典・てれまくりも昨シーズンのThe FINALを最後に完結。

今季からはフリーエと名を改めて、新たなスタートを切ります!!!

会期:平成29年3月4日(土)5日(日)

開催地:ヤマボクワイルドスノーパーク

名古屋店でも店頭にて申込受付をてれまくり同様、実施いたします!

パドルクラブ名古屋店スタッフも現地へ派遣予定ですので、一緒に新しいお祭り、参戦してみませんか?

早期申込受付:2017年1月31日(火)まで(パドルクラブ名古屋店にて受付中!)

1日コース:7,000円(TAJ会員)、8,000円(一般)

2日コース:13,000円(TAJ会員)、15,000円(一般)

☆★☆早期申込の場合、当日現地受付よりも3000円お得になっています!☆★☆

直前申込受付:2017年2月1日(水)~2月19日(日)

1日コース:7,500円(TAJ会員)、8,500円(一般)

2日コース:14,000円(TAJ会員)、16,000円(一般)

当日申込受付:3月4日(土)・5日(日)(現地受付のみ)

1日コース:8,500円(TAJ会員)、9,500円(一般)

2日コース:16,000円(TAJ会員)、18,000円(一般)

17pole

slip550

17wax

店頭及び楽天通販にて販売中!

 

 

☆おまけ☆

ASAS

低気圧は、寒冷渦直下に入る28 日夜には50kt [SW]級の風を伴ってピークを迎えそう。

上空の流れが比較的速く29日には移動性高気圧の中心が日本の東に抜ける見込み。

これに替わり、29 日朝に日本海西部で発生した低気圧が30 日朝には北日本付近に達する一 方、29 日朝に黄海で低気圧が発生、

その後は前線(850hPa 6℃が目安)を伴っ て、日本海沿岸を東進、30 日朝には東日本付近に達する見込み。

現時点での予想においては、前者の 低気圧とトラフとの対応が悪いため、また後者の低気圧に対応したトラフは弱まり ながら日本に接近するため、

30 日朝までは両低気圧とも急速な発達は見込まない。

AUPQ78

28 日、低気圧の影響で冬型の気圧配置が続く北海道を中心に、猛ふぶきや吹きだまりによ る交通障害、暴風、高波に引き続き警戒・注意。

日本海側では、大雪による交通障害に注意。

AUPQ35

29 日後半以降、低気圧に向かって暖かい風が吹き込み、

30 日には850hPa 気温6℃線が東 日本まで北上し東北~西日本では平年より10℃前後高くなる見込み。

このため、低気圧や前線に伴う 降水形態は、雨が主体となり雪のところでも湿った重い雪となりやすい。

西~北日本における積雪の 多いところでのなだれや融雪に加えて、着雪に注意。