2021年9月27日

パドルクラブ名古屋店 STAFF BLOG

Official BLOG of PADDLE CLUB NAGOYA

立山バックカントリー☆

1 min read

13061955_581135175379225_5230184075281754617_n

ゴールデンウィーク前にスタッフ中尾は一足早く立山へ入山してきました♪

13043612_581135272045882_3524087375015185182_n

室堂周辺

13055568_581135258712550_8007375317746344550_n

まだまだ銀世界は続いていますね~~~♪

13015611_581144642044945_7537073675375565016_n

たしかに例年よりも雪の量は少ないですが、滑走には問題無さそうです!

13083190_581144588711617_6764819050037460877_n

黄砂の飛来予測も出ていますので、黄砂対策のワックスが欲しいですね~~~。

13043675_781511011948378_2328320781330061635_n

スタッフのBCでの携行品の中にももちろん黄砂対策ワックスは入っています☆

13076665_581144515378291_2368578891927695353_n

まだまだスキーシーズンは終わってませんよ!!!

13062352_581144775378265_5617811635543371716_n

ハイクアップ、そして、スキー滑走と続いていくので、

この時期にはセンター80ミリ~90ミリ程度の軽量なスキーがオススメです♪

12933032_775807235852089_8950044072285501120_n

在庫量は少なくなってきましたが、春のBCがより楽しく遊べるスキーたち、まだ店頭に並んでいます☆

13062512_781085501990929_5352231823673326119_n

スタッフ平井も5月14日~15日の立山バックカントリーツアーの下見も兼ねて、火曜~水曜で立山に入山予定です♪

立山バックカントリーツアーもまだ申込み受付中ですので、参加をご検討中の方はご連絡ください☆

ビーコン、ゾンデ、ショベルなどもお持ちではない方で参加されたい方は、数量が限られますが、レンタルもありますよ!

 

 

☆★☆★☆★営業時間のご案内☆★☆★☆★

平日・土曜:10時30分~20時00分

日曜・祝日: 10時30分~19時00分

定休日:水曜定休

☆★☆★SALES & EVENTS★☆★☆

①4月1日~

ラストチャンスバーゲン

nagoya-sale-01

いよいよオフシーズン!

スペシャル価格になった様々なアイテムをご用意して

皆様のご来店をお待ちしております♪

また、15/16ニューモデルも40%OFFや50%OFFが続出中です!

②平成28年5月14日(土)・15日(日) 催行決定!

春の立山バックカントリーツアー

11245482_652563271509820_8281444727661651770_n

バックカントリースキーに必要なテクニックを一緒に実践してみませんか?

シーズンアウトの前に一緒に残雪の立山を楽しみましょう!

12719394_748172885282191_7499295862626612301_o

平成28年5月14日(土)~15日(日) 富山県立山周辺(1泊2日)

講師兼ガイド:

安倍 仁

(JMGA認定山岳ガイドⅠ、スキーガイドⅡ、SIAステージⅡ)

杉本 晴美(予定)

(JMGA認定登山ガイドⅡ、スキーガイドⅠ)

定員:10名程度(事前予約制)

参加費:35,000円

(1泊2日・宿泊費(朝夕込)、立山~室堂往復交通費、ガイド料込み)

集合日時及び場所:平成28年5月14日(土)午前7時頃 立山駅集合(現地集合・解散)

宿泊:室堂山荘(予定)

※昼食代などは含まれません。

協力メーカー(予定):

(株)ソネ(ARVA)(株)サレワジャパン(DYNAFIT,POMOCA)(株)ロストアロー(BD)

*今季より立山~室堂間のケーブルカー及び高原バス乗車の際に

スキーはスキーケースに入れる必要がありますので、

各自で携帯タイプのスキーケースをご用意ください。(山荘まで持ち運びます)

詳細につきましては名古屋店(担当:平井)までお問い合わせください。

ASAS

前線は 26 日にかけて南西諸島から日本の南で停滞する見込み。

前線に向かって暖かく湿った空気 (850hPa 336K 以上)が流入し大気の状態が不安定となるため、

南西諸島では25 日にかけて、落雷や 突風、短時間強雨に注意。

現在強い雨が接近中の種子島・屋久島や奄美地方では、

500hPa 5760~5700m 付近の正渦度が移流する 25 日朝にかけて、非常に激しい雨に留意。

AUPQ35

24 日の地上観測や衛星画像解析、数値予報から、黄砂は25 日にかけて西日本から北日本に飛来する 可能性がある。

視程が5km 未満になった場合、交通への影響が発生するおそれがあるので注意。

AUPQ78

25 日夜以降26 日朝にかけて、華中・華南で下層南西風による暖湿気移流が強くなり、華中では前線 活動が活発化する見込み。

You may have missed