金. 5月 14th, 2021

パドルクラブ名古屋店 STAFF BLOG

Official BLOG of PADDLE CLUB NAGOYA

チューンナップ春割受付開始しました!

1 min read

nagoya-t-up1

毎年恒例のチューンナップ春割!

今年も受付を開始しました☆

スタンダートチューン

通常価格¥7,560→春割価格¥5,400 (他店購入スキーもOK!)

サーモバッグコースも春割価格の設定がありますよ~~~♪

1シーズン使い続けてお疲れになっている板をお手入れしてリフレッシュさせて、

来年に向けての準備をしていってはいかがでしょうか?

また、ワックスをしっかりと浸透させてくれるサーモバッグは

シーズン中のワックスの持続性アップにもつながっていきますのでオススメです☆

2016alpen_baggage

そして、いよいよ4月16日からは立山黒部アルペンルートが開通予定!

先日のブログでもご案内しましたが、

今シーズンよりロープウェイやバス乗車の際にスキーをスキーケースに入れておく必要があります。

k1123372

コンパクトに収納出来るスキーケースを名古屋店でもご用意しましたので、

立山へ行かれる予定の方でお持ちではない方は早いうちに準備してきましょう☆

k_1124490_dpsa

また、バックカントリーで必須アイテムの一つであるリーシュ、

万が一、ビンディングが滑走中に外れた際にスキーが飛んでいって他者にスキーが激突する可能性も・・・

そんなことになる前に装着しておきましょう☆

115706fd-d4f1-41f6-b1a5-fd7a2dac248d_8

Marker TOURビンディングなどのようなATビンディングやTLTビンディングなど金具の種類によって、

オススメなリーシュも種類を揃えていますので、一度ご相談ください♪

 

 

☆★☆★☆★営業時間のご案内☆★☆★☆★

平日・土曜:10時30分~20時00分

日曜・祝日: 10時30分~19時00分

定休日:水曜定休

☆★☆★SALES & EVENTS★☆★☆

①4月1日~

ラストチャンスバーゲン

nagoya-sale-01

いよいよオフシーズン!

スペシャル価格になった様々なアイテムをご用意して

皆様のご来店をお待ちしております♪

また、15/16ニューモデルも40%OFFや50%OFFが続出中です!

②平成28年5月14日(土)・15日(日) 募集開始しました!

春の立山バックカントリーツアー

11245482_652563271509820_8281444727661651770_n

バックカントリースキーに必要なテクニックを一緒に実践してみませんか?

シーズンアウトの前に一緒に残雪の立山を楽しみましょう!

12719394_748172885282191_7499295862626612301_o

平成28年5月14日(土)~15日(日) 富山県立山周辺(1泊2日)

講師兼ガイド:

安倍 仁

(JMGA認定山岳ガイド、SIAステージⅡ)

定員:10名程度(事前予約制)

参加費:35,000円

(1泊2日・宿泊費(朝夕込)、立山~室堂往復交通費、ガイド料込み)

集合日時及び場所:平成28年5月14日(土)午前7時頃 立山駅集合(現地集合・解散)

宿泊:室堂山荘(予定)

※昼食代などは含まれません。

協力メーカー(予定):

(株)ソネ(ARVA)(株)サレワジャパン(DYNAFIT,POMOCA)(株)ロストアロー(BD)

*今季より立山~室堂間のケーブルカー及び高原バス乗車の際に

スキーはスキーケースに入れる必要がありますので、

各自で携帯タイプのスキーケースをご用意ください。(山荘まで持ち運びます)

詳細につきましては名古屋店(担当:平井)までお問い合わせください。

 ASAS

低気圧は、トラフに取り込まれながらサハリン付近を北に進み、

3 日夜にはサハリン の北のオホーツク海に達する見込み。

また、そこからのびる下層シアーラインが、4 日前半にかけて北日本か ら東日本、西日本を南下しそう。

3 日は、気圧の傾きが大きい北海道を中心に、強風、高波に注意。

また、 下層シアーラインが通過するタイミングでは、局地的に降水や風が強まる可能性があるので、実況に留意。

AUPQ35

トラフ接近に伴って下層で暖湿気流入が強まり、3 日夜までに前線上の東シナ海で低気圧が 発生する見込み。

4 日にかけて、トラフ前面で高気圧縁辺を回る暖湿気の北上が強まることにより前線はさら に東へのび、

トラフが日本付近に進む 4 日朝には前線上に新たに低気圧が発生しそう。

低気圧は発達し ながら日本の東を北東進し、5 日朝には日本のはるか東で 45kt[GW]級となる見込み。

一方、東シナ海で発生 する低気圧は、4日朝以降トラフが先行し次第に不明瞭となり

4日夜までに前線上の波動となる見込み。

AUPQ78

4日にかけて、低気圧や前線に向かって850hPa・θe330K以上の下層暖湿気が流れ込むため、

大気の状態が不安定となりそうなので、短時間強雨、落雷、突風に注意。

対流雲が組織化すると、局地的に非常 に激しい雨となるおそれもある。

また、低気圧や前線周辺での強風や高波にも注意。