2021年6月14日

パドルクラブ名古屋店 STAFF BLOG

Official BLOG of PADDLE CLUB NAGOYA

SUP体験会&遠征前に四方選手来店!

1 min read

12009619_499274606913839_1975581867102391970_n

本日もSUP体験会を開催していました♪

体幹をしっかりと鍛えられるとこんな技も!!!

12019753_499274596913840_5989264007224683510_n

不安定なSUPの上で3点倒立☆

SUPの上でヨガエクササイズを実施するのも一つの方法みたいですよ♪

みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか???

12009803_697213493711464_2707207846602533297_n

そして、名古屋店には四方元幾選手も来店!

今季は全日本ナショナルチームにも所属し、来週からヨーロッパ遠征へ出かけるとのことで、

遠征前に名古屋店に来店されていました♪

12036426_697213440378136_4043752782753497643_n

今季よりブーツマテリアルを変更してFTブーツを履いての挑戦だそうです☆

遠征前でトレーニングやブーツ調整にも余念が無く、明日も室内スキー場で調整していくみたいです♪

四方選手も愛用するFTブーツは今季はCLASSIC!

今年はこのブーツで世界最前線で戦っていくとのことです。

本人も愛用するCLASSICは今年モデルチェンジを果たして、例年以上に絶大な人気を誇っていますので、

完売間近になっています・・・。

ご検討中の方は早くしないと完売!となってしまいますよ!

 

 

☆★☆★☆★営業時間のご案内☆★☆★☆★

平日・土曜:10時30分~20時00分

日曜・祝日: 10時30分~19時00分

定休日:4月より木曜定休となります。

FB

 

☆パドルクラブ名古屋店FACEBOOKページが新しくなりました☆

♪新しいページへのアクセスは上記画像かこちらをクリックしてアクセスしてください♪

☆★☆★SALES & EVENTS★☆★☆

①9月4日(金)~9月23日(水・祝)

在庫品を大処分!

 

決算セール

s-集合

スキー・ブーツ・BCグッズやアウトドア用品など

持ち越し在庫品をお買い得価格で大放出しちゃいます!

50%OFF40%OFF、30%OFFも続出♪

NEWモデルスキー・ブーツ・ウェア等も続々入荷中です☆

お得に新旧を比べて商品を入手するチャンス!

①9月SUP体験会

SUP(Stand Up Paddleboard)体験会

11755204_475209652653668_4942592303941281454_n

最近注目されているSUP(スタンドアップパドルボード)!

一度体験してみたいけど、どこで体験出来るか分からない方、

パドルスタッフもお供しますので、体験してみませんか?

日程:9月

12日(土)13日(日)19日(土)20日(日)21日(祝)22日(祝)23日(祝)

時間:各回共に10:00~12:00

場所:木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ

料金:3,000円(SUP・ライフジャケットレンタル料込)

定員:最小催行人数2名より(要予約

*詳細・予約につきましてはパドルクラブ名古屋店までお問い合わせください。

 

②~随時入荷中!

p15-16

早期特別予約会では決めきれず、まだ悩んでいる方も多いはず!?

パドルクラブ名古屋店では早期特別価格にて

WEB STORE、店頭共にいよいよ販売開始です!

sm_b

旧モデルもまだ在庫していますので、新旧比較して

夏のうちに来冬のスキーライフの準備をしていきませんか?

☆おまけ☆

ASAS

北海道では21 日よりも下層の相対湿度が下がり、組織的な対流雲は発達しにくいが、

前日並みの上層寒気が残る夕方まで対流雲の発生に留意。

低気圧は、寒冷渦内に取り込まれる23 日にかけて発達し、最大風速50kt[SW]となる見込み。

その後徐々に衰弱し、この低気圧の経過から、北日本太平洋側~関東にかけては、

うねりが23 日にかけて徐々におさまる傾向となり、24 日に再び高まる見込み。

ただし、北日本では23 日はじめにかけてまだ高まる可能性もあるので、北海道沖のブイなどの実況に注意。

AUPQ78

トラフは深まることなく東進、23 日昼頃には東日本を抜ける見込み。

下層の雲システム等とのカップリングは特に見込まれないが、西日本の南海上や南西諸島に散在する対流雲は、

夜間は、陸上の流混合が収まり相対湿度が上がって上陸しやすくなるので、短時間強雨に留意。

可降水量は海水温に対応して40~60mm あり、雷や激しい雨の可能性もある。

AUPQ35

23 日夜遅くに九州に到達する500hPa5760~5820m トラフの東側では、長江中流域の実況のとおり、

下層から上層にかけて暖気移流が盛んとなる見込み。

日本海の高気圧が優勢のため、日本沿岸域で低気圧が発達するには至らない見込みだが、

このトラフの接近に伴い、東シナ海方面では前線が顕在化し、

九州を中心に西日本では降水を伴う中層雲が拡大しそう。

また、九州南部(海上中心)から南西諸島にかけては、トラフ通過頃まで対流雲発達の可能性があるので、

落雷、突風、短時間強雨に注意。