2021年6月21日

パドルクラブ名古屋店 STAFF BLOG

Official BLOG of PADDLE CLUB NAGOYA

バックカントリーギアまだ間に合います!

1 min read

11896251_1627678527449400_9170494576394694209_n

今年の冬の準備を始めた方も、これから始める方も・・・

来季のキーワードの一つ!?になるかも!?なバックカントリー

リフトの無い場所へ自分の足で登って、自然地形の中を滑るという非常に魅力的なジャンルですが、

それなりの危険や技術も要求されていきます☆

11904094_684957061603774_401975855566082014_n

8月に入ってから、バックカントリーギアの準備を始めた方もチラホラと・・・

不安を少しでも払拭していき、楽しく楽しむためにもこれからデビューを考えている方は

パドルクラブで相談されてはいかがでしょうか?

バックカントリースキーの他に厳冬期登山など冬山に精通したスタッフも常駐していますので、

夏のうちに皆さんの「分からない」を一緒に解決していきませんか?

11887855_684957034937110_4345217812969526480_n

もちろん、ギアもまだまだ間に合います!

バックカントリーのトップシーズンとなる3月~5月に適した軽量BCスキー

11923559_684957014937112_8118858732991963184_n

厳冬期の醍醐味!パウダースキーにオススメなBCスキーやファットスキー

旧モデルはもちろん、ニューモデルもすでに一部入荷済み!

本州で最も豊富に在庫している名古屋店だからこそ、お気に入りの一台が見つかるはず♪

もちろんTLT/Tech系金具やKINGPINを始めとしたツアー系金具やビーコン、シールなど

バックカントリーでは欠かせないギアも各種まだ予約受付中です☆

11218814_684632771636203_4384526735537235020_n

アフターケアに疑問をお持ちの方は、

もちろん、そういった相談にも乗りますので、気軽にスタッフにご相談ください

 

ステッカー(参加店)ー確定

パドルクラブ名古屋店では

10,000円で12,000円分のお買い物が出来るお得な商品券

名古屋市でら得!プレミアム商品券

もご利用いただけます!(利用可能期間内に限ります)

商品券の購入方法・ご利用方法など詳細は下記リンクにてご確認ください♪

http://www.p-shouhinken.com/nagoya/index.html

 

 

☆★☆★☆★営業時間のご案内☆★☆★☆★

平日・土曜:10時30分~20時00分

日曜・祝日: 10時30分~19時00分

定休日:4月より木曜定休となります。

FB

 

☆パドルクラブ名古屋店FACEBOOKページが新しくなりました☆

♪新しいページへのアクセスは上記画像かこちらをクリックしてアクセスしてください♪

☆★☆★SALES & EVENTS★☆★☆

①7月24日(金)~8月16日(日)

夏!到来!アウトドア全盛☆

サマークリアランスセール

1

いよいよ夏休み突入!

夏山登山に海水浴、BBQ、SUP・・・

今年の夏を満喫するグッズ、一緒に準備してみませんか?

クリアランスセールに合わせて、驚安!の価格設定になっている超!お買い得グッズもあります♪

お盆休み前にお得にグッズを手に入れるラストチャンス!

①8月1日(土)、2日(日)、8日(土)、22日(日)

SUP(Stand Up Paddleboard)体験会

11755204_475209652653668_4942592303941281454_n

最近注目されているSUP(スタンドアップパドルボード)!

一度体験してみたいけど、どこで体験出来るか分からない方、

パドルスタッフもお供しますので、体験してみませんか?

日程:8月1日(土)2日(日)8日(土)22日(土)

時間:各回共に10:00~12:00

場所:木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ

料金:3,000円(SUP・ライフジャケットレンタル料込)

定員:最小催行人数2名より(要予約

*詳細・予約につきましてはパドルクラブ名古屋店までお問い合わせください。

 

②~随時入荷中!

p15-16

早期特別予約会では決めきれず、まだ悩んでいる方も多いはず!?

パドルクラブ名古屋店では早期特別価格にて

WEB STORE、店頭共にいよいよ販売開始です!

sm_b

旧モデルもまだ在庫していますので、新旧比較して

夏のうちに来冬のスキーライフの準備をしていきませんか?

☆おまけ☆

ASAS

低気圧は、千島近海からオホーツク海を 21 日にかけてゆっくりと北上し、次第に寒冷渦直下となる見込み。

低気圧の北上に伴って、北海道では低気圧をまわる湿った空気が流入し、20 日は日本海側 で局地的な収束場が予想される。

また、東北日本海側では、寒冷渦後面の下層NW 風と日本海高気圧北 側のWSW 風が収束し、大気不安定場が予想される。

落雷、突風、短時間強雨に注意。

AUPQ35

東日本から西日本に停滞する前線は、太平洋高気圧の西への張り出しに伴い、21 日にかけて西から 徐々に北上しそう。

また、台風第15 号の西進・北上とともに、台風北側に流入する暖湿気(850hPaθe345K) が九州に流れ込む見込み。

サブハイは20 日夜以降張り出しが弱まるが、引き続き500hPa 負渦度域と なるため、

大気不安定による対流雲の発達は西日本を中心に局地的と考えると、落雷、突風、短時間強 雨に注意。

AUPQ78

沖縄では台風第 15 号の影響でしけとなってきており、小笠原諸島では台風第 16 号の影響で、20 日 は次第にしけとなる。

奄美でも台風からのうねりで波が高まる見込みなので、強風や高波に注意。

 

11904094_684957061603774_401975855566082014_n