火. 5月 11th, 2021

パドルクラブ名古屋店 STAFF BLOG

Official BLOG of PADDLE CLUB NAGOYA

登山靴や防寒ブーツでスキー!

1 min read

10933801_608252112607603_3679261398602369315_n

超!マニアックなスキーが出来上がりました(^o^)

何がマニアックってビンディングがマニアックすぎます!!!

(ビンディング単体の一般販売はしていません)

10891599_608252149274266_3713104417067659591_n

ビンディングはラチェット2箇所で止める超シンプル構造。

登山靴や防寒ブーツでこれなら歩けます。

ヒールは固定式ではなく、バネも無いので、完全なフリー状態、

アルペンでもテレマークでもありません。

何に使うか?は想像次第です(笑)

10917376_608252132607601_4307474484580124712_n

そして、いよいよ、バックカントリーが楽しい時期が近づいてきましたね☆

2月~5月にかけて、バックカントリーへ出かける方も多いのではないでしょうか?

10922551_608252169274264_2361383073859593054_n

名古屋店スタッフもバックカントリーの準備を・・・

2月7日~8日はバックカントリー講習会です!

使われるスキーはAT(Alpine Tour)やTLTでもテレマークでもOKです(^o^)

また、これから初めて挑戦される方の為に、まだ準備されていない方の為に、

レンタルもご用意しています(数量限定、有料)

道具が無いから・・・

と諦めていた方、今一度再考してみませんか?

もちろん、店舗にもバックカントリーグッズの在庫はございます(^o^)

せっかく楽しみに行くのであれば、正しい技術を学んでから、

山を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ビーコントレーニング、シール登高、アバランチテスト

などの方法も実践を交えて実施予定です☆

また、実際のフィールドに行って、ワンデイツアーももちろん実施予定ですよ(^o^)

 

 

たまごっち(^o^)

 

help_facebook_shareシェアお願いします!

 

 

☆★☆★SALES & EVENTS★☆★☆

 

☆2015年2月7日(土)・8日(日)☆(EVENT)

バックカントリー講習会

毎年ご好評をいただいているバックカントリー講習会を今年も開催します!

これからバックカントリーに挑戦したい方にとっては、

何を準備しなければならないか分からない準備したはいいけど使い方が分からない

など様々な不安があると思いますが、一緒に不安を解消していきませんか?

まだ機材を準備されていない方の為にレンタル(有料・事前予約制)も準備予定です☆

◆対象:初心者~上級者(レベルは問いません)

◆開催地:長野県白馬村(予定)

◆開催日時:2014年2月7日(土)・8日(日)

◆講習費:28000円

◆定員:15名(事前申し込み制)

☆2015年3月8日(土)9日(日)☆(EVENT)

logo3

日本最大級のスキーフェスティバル!

てれまくり2016

”ぜんぶカカトのせいだ!”

今季は志賀高原にて開催予定です(^o^)

◆日程:2015年3月8日(土)・9日(日)

◆開催地:志賀高原一ノ瀬・ダイアモンドスキー場(予定)

◆参加費(抜粋)◆

事前申し込みがお得です!

 

**Aコース(1日間)**

早期申し込み(1月31日まで)¥6,300

直前申し込み(2/1~2/28):¥7,100

当日申し込み:¥8,000

 

**Bコース(2日間)**

早期申し込み(1月31日まで)¥10,700

直前申し込み(2/1~2/28):¥12,000

当日申し込み:¥13,500

 

パドルクラブ名古屋店でも参加申込受付開始しました!

その他各コースにつきましては下記リンクを参照してください。

てれまくり2016開催要項(外部リンク)

*詳細につきましてはてれまくり2016公式ページをご確認ください。

てれまくり2016公式ホームページ(外部リンク)

?

☆2015年3月14日(土)・15日(日)☆(EVENT)

2015/16 NEW MODEL SKI試乗会

毎年ご好評をいただいている試乗会を今年も開催します!

◆開催地:めいほうスキー場(予定)

◆開催日時:2015年3月14日(土)・15日(日)

◆参加費:調整中

◆定員:未定(事前申し込み制)

◆参加特典:調整中

☆おまけ☆

ASAS

低気圧は 15 日夜に関東の東に進む過程で閉塞点に低気圧が顕在し、

この低気圧がトラフと結びつき発達しながら関東の東に進む見込み(FT18 55kt[SW]級)。

低気圧が日本のはるか東に進んだあと16 日は次のトラフが接近し(16 日夜に朝鮮半島付近)、日本海に低気圧が発生、

また、関東付近にも気圧の谷が残る見込み。

AUPQ78

15 日夜は東日本太平洋側を中心に暖湿流による不安定が続く見込みなので、落雷、竜巻などの激しい突風に注意。

気圧系と降水域の移動は順調だが

これまでの実況から低気圧から南へのびる線状の降水エコーがかかって局地的に非常に激しく降る可能性もある。

低気圧北側の降水域も広く日本海側や内陸の多雪地はなだれにも注意。

東日本の標高の高い所や東北は雪となる見込み。

低気圧の発達による北からの下層寒気を引き込みの影響が気にかかるが、

主たる降水域がいったん東へ抜けるため融解・蒸発(昇華)による気温低下は小さいもようだが、今後の実況に注意。

また、西日本は 15 日夜の寒冷渦通過時の発雷に注意。

AUPQ35

低気圧の暖域内では南より風が強く、

低気圧通過後は北~北西風が強まる(関東沿岸では北よりの風が非常に強く吹く可能性がある)。

東北~沖縄にかけ強風・高波に注意。