2018/12/25

層雲峡アイスクライミング

少雪&暖冬傾向が続いてますが、さすが北海道の真ん中 層雲峡はバッチリ凍ってます。今年はせっかちなお客さんにせかされて、12月中旬スタートで登っています。気温の上がる日中は氷の表面に水が流れ出すこともしばし…。こちらは、銀河の滝。まだ、全体はふさがっていませんでしたが、トップアウトしました。最上部はまさに薄氷を踏む思いで、なぎ落ちる滝の轟音にビビりながら登攀でした。こちらは錦糸の滝。向かって右側は水が流れていましたが、左から4ピッチでトップアウト。荒天の隙間をついて黒岳に登頂!..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/12/13

ジョン万次郎漂流記

先月、四国の高知にクライミングに出かけた折に、半日の雨を理由に足摺岬の方へとドライブがてら出かけた。土佐清水で「ジョン万次郎記念館」という偶然、立ち寄る。現在放映中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の中にもチラッと登場したのが「ジョン万次郎」江戸時代の末期に土佐の少年漁師が乗る小型の漁船が嵐に巻き込まれて漂流の挙句、無人島にたどり着き数年後に通りかかったアメリカの捕鯨船に救助され、そのままアメリカで暮らし、言葉や海洋航海技術を身に着け何とか日本に戻って来る。幕府による厳しい取り調..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/12/13

ジョン万次郎漂流記

先月、四国の高知にクライミングに出かけた折に、半日の雨を理由に足摺岬の方へとドライブがてら出かけた。土佐清水で「ジョン万次郎記念館」という偶然、立ち寄る。現在放映中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の中にもチラッと登場したのが「ジョン万次郎」江戸時代の末期に土佐の少年漁師が乗る小型の漁船が嵐に巻き込まれて漂流の挙句、無人島にたどり着き数年後に通りかかったアメリカの捕鯨船に救助され、そのままアメリカで暮らし、言葉や海洋航海技術を身に着け何とか日本に戻って来る。幕府による厳しい取り調..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/11/27

2019冬・夏パンフ完成

難儀していた冬発行のノマドスケジュールが完成しました。会員の皆様には、すでにお届けしました。札幌市内の登山用品店にも置かせていただいていますので、ぜひ、お手に取って ご覧くださいませ。ひと段落したところで、あまり仕事のない初冬の北海道をあとに南国四国のクライミングツアーに行って来ました。ところが出発日の11/21は、千歳空港周辺が大雪で欠航が相次ぎました。我々の便も2時間遅れで、なんとか東京へそこから乗り継いで高知へ。ようやく辿り着いた宿でまっていたのは…土佐の刺身の大盛り合..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/10/26

穂高よ こんにちわ!

当初9/8札幌出発で、穂高の滝谷クライミングから奥穂~西穂へと継続する計画で4人のお客さんが集まっていたのだが…ほれ、あの台風21号からの継続で胆振東部地震。1か月ずらして10月8日からのスライドで実行しました。10月の3,000mはけっこう寒く、雪が降ることも珍しくはないのだが…。上高地から入山して横尾の橋を渡る所で長野県警の山岳警備隊のお回りさんに「この時期に滝谷を登る人はいないので、充分注意してください。」と釘を刺される。北穂の小屋は快晴。槍ヶ岳や大キレットも良く見える..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/09/20

東大雪 丸山(1692m)

東大雪の丸山はニペソツ山とウペペサンケ山の中間に位置する地味な山だが、「山と渓谷社」がかつて発行した日本の山1000にも選ばれた玄人好みの名山だ。大雪山国立公園の中では旭岳、十勝岳と並んで唯3の活火山でもある。今なを噴気を上げる丸山噴泉塔と呼ばれる石灰岩ドームは、地元上士幌町の天然記念物にも指定されている。かつては、この近くまで車道が伸びていて、噴泉塔までは観光客が歩いて訪れることができたというのだが、今は度重なる水害により、林道は崩壊して通行止め、荒れ果てていて訪れる人は稀..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/08/22

DWS

またしても古い話になるが・・・人間、歳食ってくると昔の自慢話がしたくなるもんなのね。今日の話は古くて、新しい。今から25年も前に遡るから、まだ40歳になってなかった頃の話。ある日、思い立った俺は会社をサボって1か月間の旅に出た。ザイルやクライミングギヤをどっさりザックに詰め込み、フィイリピンマニラへ。さらに国内線を乗り継いでセブ島マクタン空港へ。空港で群がるタクシードライバーの中から気の弱そうなのを一人捕まえって「どちらへ?」と聞いてくる運ちゃんに「それをこれから、あんたと話..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/07/18

キリマンジャロに溶け込む

アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(5895m)はアフリカ中央部の赤道直下タンザニアにあり、その名の意味は現地スワヒリ語で白く輝く山という意味を持つ。頂上の端っこに氷河があり、それがその名の由来だ。とはいえ、その最高点に立つために氷河の上を歩く場面はなく、登山道を4~5日かけて登れば頂上に立つ事が出来る。しかし問題は、この6000m近い標高との戦いにある。実際、ネパールあたりの6000m峰に登る場合はアプローチも含めて2週間以上の日数を費やし、高所順応を行うのだがキリマンジャ..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/07/15

デナリ 大いなるもの

マッキンリー地元では「デナリ おおいなるもの」として呼ばれてきた。旧ソビエトとの冷戦当時、ヨーロッパへ向かう飛行機はデナリの上空を飛び、アラスカのアンカレッジ経由で飛んでいた。飛行機の窓から見るそいつは、他の山々を圧倒してデカク、まさに大いなるものあった。僕はそいつに1992年と2005年に2度登頂している。今日は、その2005年の思い出について書いてみる。この度の遠征は、お客さんから依頼があったので募集企画することとなった。「行きたい!」という気持ちだけでは、登れないのがマ..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

2018/07/14

ガイドを殺す気か!

北海道は未だ、蝦夷梅雨・・・先日来の雨続きで、登山口へつながる多くの林道が土砂崩れなどで通行止めとなってしまい、せっかくの海の日の連休だというのに予定がキャンセルとなってしまった・・・。ガイド殺すに刃物は要らず、雨の三日も降ればいいってか!明日から雨、曇り予報の今日はお客さんを誘いだし、小樽の赤岩へ。今日の小樽は気温27度、湿度91%と蒸し暑い。岩も湿り気味で、グッと抑えるとジュワっと水が染み出てくる・・・ように感じたが。さすがに、それはないか!暑さも手伝って、手汗で滑る。全..

続きを読む »

コメント コメントは受け付けていません。

カテゴリー: 日記

タグ 

ビジネスワードプレス

最新の情報

  • 層雲峡アイスクライミング 少雪&暖冬傾向が続いてますが、さすが北海道の真ん中 層雲峡はバッチリ凍ってます。...
  • ジョン万次郎漂流記 先月、四国の高知にクライミングに出かけた折に、半日の雨を理由に足摺岬の方へとドラ...
  • ジョン万次郎漂流記 先月、四国の高知にクライミングに出かけた折に、半日の雨を理由に足摺岬の方へとドラ...

»一覧

宮下岳夫

  • パドルクラブ雪崩講習会 今年もパドル&ノマドの雪崩講習会をテイネハイランドで行いました。 積雪は山頂付近...
  • 最近の俺 1日節分「仏滅」・・・日帰りで東京出張!札幌は新雪20cm、東京は快晴。夕方5時...
  • パドルPOWDER 先日、パドル&ノマド共催POWDERはカムイリンクスで行われる予定だったが、折か...

»一覧


Go Top