2010/09/14

藪こぎ

Pocket

昨日の続き・・・

鹿道が途切れると、ひとの道はなくなる。そこからは、藪こぎだ。しかしこれが、けっこう燃える!

ササ、ハイ松、ミヤマハンノキ・・・単品もあれば、ブレンドもある。

上半身が藪の上に見えてるくらいなら、初級だな。

河原のたき火は楽しい。雨が降ってなければ、そこらじゅうに荷物を広げて、だらしなく飲んだくれるのが、また楽しい。

いつだったか、そのまま寝てしまって、鍋の残りを全部キツネにtorareたこともあったな・・・。

このハッキリしたのが、鹿道!


この記事に関するコメントを行う

コメントを投稿するにはログインしてください。

ビジネスワードプレス

最新の情報

  • DWS またしても古い話になるが・・・人間、歳食ってくると昔の自慢話がしたくなるもんなの...
  • キリマンジャロに溶け込む アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(5895m)はアフリカ中央部の赤道直下タンザ...
  • デナリ 大いなるもの マッキンリー地元では「デナリ おおいなるもの」として呼ばれてきた。旧ソビエトとの...

»一覧

宮下岳夫

  • パドルクラブ雪崩講習会 今年もパドル&ノマドの雪崩講習会をテイネハイランドで行いました。 積雪は山頂付近...
  • 最近の俺 1日節分「仏滅」・・・日帰りで東京出張!札幌は新雪20cm、東京は快晴。夕方5時...
  • パドルPOWDER 先日、パドル&ノマド共催POWDERはカムイリンクスで行われる予定だったが、折か...

»一覧


Go Top