平成最後の大雪山縦走🏔最高の平成滑り納め記録⛷

Pocket

スタッフ佐々木・加藤の春山レポート🏔

平成最後のバックカントリーに選んだ山は「19km歩いて1kmしか滑れない山」

まずは動画をどうぞ!!

ひたすら歩いた先にはこんな斜面があったんです!!

今回は大雪山系表大雪に位置する

『東岳 巨大シュート』

を目的に行ってきました。

平成31年4月30日、平成最後の日。

我々のチャレンジはどうなるのか、

ワクワクしながら黒岳ロープウェイよりスタート。

8:20の便にのり、営業中の黒岳スキー場のリフトを利用しそこからハイクハップ。

こちらも気持ちよさそう…

この日の2日前にはまた降雪があり、そこからの気温上昇。

ザラメ+新雪でグリップしやすい雪となり

黒岳山頂まで一時間で到着!

快晴、無風も最高の天気🌞

他にも3〜5グループくらいの方々がいらっしゃいました。

我々はまだまだここから歩きます。

北海岳を通過し白雲岳へ。

上川岳もこっちへおいでよと言わんばかりの斜面。

宿題が増える一方です…

スケールが大きすぎて、超巨大バンクも小さく見えてしまう圧倒的な大雪山。

10mくらいの人間じゃないと遊べないのでは?と佐々木の一言。笑

奥に左右にのびているところの右手が北海岳。

まだまだ通過点です。北海沢を詰めます。

北海岳のピークはスルーして、白雲岳を目指している途中の絶景。

旭岳と天人峡方面。

実はハロも出現!

白雲岳の北面は崖ガケがけ。

まさかないだろうなーと思いつつ、

幻の湖の調査へ。

あった。!!!

幻の湖と

ゼブラ雪渓!

感無量です。。。

ここまでくればあと少し

東岳まで向います。

ピークまでほぼ平らな面を歩いていき、

いきなり現れるこの斜面

ドロップインポイントは30〜35°くらいでしょうか。

景色と斜面にアドレナリン出まくりです。

標高差600m

滑走距離1km

滑り終え振り返るとまた絶景。

とんでもない山ですね。

ここからお帰りタイム。

永遠と続くようにかんじる林道8km

無の表情でひたすらあるきます。

テクテク

テクテク

テクテク

ゲートを発見したときの喜びたるや凄まじかったです。

林道はひたすら長かったですが、それを考えても滑る麺が素晴らしくまた行きたい山となりました。